離婚コラム | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
コラム画像

コラム

相談する相手を間違っている(面会交流)

「相手が養育費を支払ってない場合も面会交流って許可しなければいけなんですか?」

「養育費支払するなら面会交流をさせてあげるっていうのではダメなんですか?」

というご相談を受けることがあります。

まあ、離婚関係については当事務所は初回相談無料で対応しているので、あれなんですが、相談する弁護士を間違えていますね。

私の所感はこうです。

「『あなたのお父さん又はお母さんはお金払わないから会わせられないんだよ』ってことですか?あなたどういう神経でそういうことをいってるんですかね?」

正直な心の声でいえば、これにつきます。

 

両親の仲が良いというのがお子さんにとっては最良だし、両親が離婚する、などというのはお子さんからしたら迷惑極まりないわけですよ。

両親が離婚して、いつも一緒にいたはずのお父さんお母さんと一緒にいられない、そういう精神的なダメージを少しでも和らげるために、月に数回とか少ない機会ではあるけれども、一緒に住んでいない親御さんとの結びつき、絆を確認するのが面会交流なんです。

 

もちろん、面会交流を求める親御さんの側に、暴力的な要素があるとか、お子さんが怖がって近寄らないとか、お子さんを連れ去るとか逸脱行動のリスクがあるなら話は別ですよ。

ただ、養育費支払わないから子どもに会わせない、とか、養育費支払いの交換条件として面会交流を利用するとか…

これは相談する相手を間違えています。

お互いにとって、時間の無駄を避けるために、あらかじめ弁護士渡邉祐亮の所信を表明いたします。

 

弁護士渡邉祐亮

 

その他のコラム


Warning: Attempt to read property "slug" on string in /home/imamuray/rikonbengosi.com/public_html/wp-content/themes/rikon/single-column.php on line 33

相手に弁護士がついたらこちらも弁護士をつけるべき?→こちらも弁護士に依頼すべきです

相手に弁護士がついたらどうなるか~弁護士の役割~ 相手方に弁護士がついたとき、いったいどう思うでしょうか。 相手も本気で争ってきたんだなと思い、こちらも戦わなければいけない、と覚悟を決める方もいますが、『弁護士』のイメージによっ...

続きを見る

これは家庭裁判所関係者の必読書:『娘の友達』萩原あさ美作 講談社刊

萩原あさ美さんの漫画『娘の友達(講談社の紹介サイトはこちらhttps://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000328604)』が、家庭裁判所の事件を取り扱うものとしては、「ささる」。 ストーリーの...

続きを見る

婚姻を継続しがたい重大な事由がなくても離婚はできます

離婚をするための2つの方法 離婚の流れと種類のページでも解説していますが、離婚をするためには2つのルートがあります。 (1)夫婦双方が離婚に合意する (2)裁判所が「婚姻を継続しがたい重大な事由」があると判断した場合に離婚...

続きを見る

民事執行法改正で強制執行制度が非常に使いやすくなる(養育費の回収可能性も上がる)

民事執行法改正 令和元年5月10日、民事執行法の改正案が成立しました(公布は5月17日)。 改正民事執行法は公布の日となった5月17日から1年以内の政令で定める日から施行されることになっています。 この民事執行法の改正は非...

続きを見る

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を