離婚コラム | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
コラム画像

コラム

どうして面会交流をしぶるのか?

別居の結果、子どもに会わせてもらえない親御さんからの依頼を受けて、子どもとの面会交流を求めて家事調停及び家事審判の代理人を務めることが多い。

そうした中で、お子さんに会うことを求める側の親御さんは、1分でも1時間でも長く子どもと一緒にいられることを求める。

これに対する相手の親のリアクションとして、「いや1時間なら」とか「いや1時間でも長い。30分だ。」というように、少しでも面会交流の時間を削ろうとする親もいる。

一般の人がこれを聴いたときのリアクションも様々だと思う。もちろん「30分なんて酷い!!」という所感も多いと思う。

しかし、私としては、長らくこんな疑問を持っていた。

「え、もっと自分の時間とか欲しくないですか?」

だった。

もちろん、別居後実家で暮らしているとか例外はあれど、基本お子さんを引き取って、1日の短くない時間を育児にあてているはず。

そうであれば、映画を見に行くだとか、好きな本を読むといった時間をとれていないのではないか。夫婦の片方が面会交流ということで預かってくれるなら万々歳ではないのか、などと思う。

これについて、一つの回答を相談者がくれた。

「それは、ですね。大変な時間は全部こっちに押し付けて、面会交流っていう楽しい時間だけ過ごされるのが癪にさわるんですよ」

なるほど。そういう発想もあるかもしれない。

私は仕事として面会交流に関与しているので、面会交流を拒む相手方の思考、内在的論理、感情というものは非常に重要な手掛かりになる。

この相談者の案件は結局依頼には至らなかったが、相手の思考を読む際の一つのカギをもらえたという意味で、非常に有意義だった。

その他のコラム

民事執行法改正についての報道が少なすぎて、知らないうちに犯罪者になる人が激増する可能性

民事執行法の改正によって財産開示手続に刑事罰が 先日の、民事執行法改正で強制執行制度が非常に使いやすくなる(養育費の回収可能性も上がる)という記事でふれましたが、民事執行法の改正によって、 ・財産開示手続に正当な理由なく出頭しな...

続きを見る

離婚を求めるときは正々堂々と正面から求めましょう

離婚の知識をつけすぎて失敗する事例も 離婚について難しく考えすぎている方が時折見られます。 どうしても協議離婚(調停離婚含む)ができない場合には裁判離婚に頼るしかありません。 裁判離婚が成立するためには「婚姻を継続し難い重...

続きを見る

夫もしくは妻が犯罪を犯したら離婚できるか

どういった場合に離婚ができるのか まずは簡単にどういった場合に離婚ができるのかについて解説します。 離婚の方法には大きく分けて2種類あり、一つは協議離婚というものがあります。 協議離婚であれば、離婚原因は問いません。 ...

続きを見る

相手に弁護士がついたらこちらも弁護士をつけるべき?→こちらも弁護士に依頼すべきです

相手に弁護士がついたらどうなるか~弁護士の役割~ 相手方に弁護士がついたとき、いったいどう思うでしょうか。 相手も本気で争ってきたんだなと思い、こちらも戦わなければいけない、と覚悟を決める方もいますが、『弁護士』のイメージによっ...

続きを見る

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を