離婚コラム | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
コラム画像

コラム

異性と手をつないで歩く行為は不倫になるか

手をつなぐだけでは不貞行為とまでは言えない

まず、どこからどこまでを不倫とするかはその人によって様々です。

中には手をつなぐだけで不倫だと思う方もいるでしょう。

しかしながら、法的に重要なのは、不貞行為といえるどかどうかとなります。

結論から申し上げると、手をつなぐだけでは不貞行為とはいえません。

そのため、夫が別の女性と手をつないでいるのを目撃した、不貞行為だから離婚して慰謝料請求をしたい、というのはさすがに通りません。

手をつなぐ行為は不貞行為を推認させる一事情となりうる

しかしながら、多くの人は、夫もしくは妻が自分以外の異性と手をつないで歩いているのを見たら「不倫だ!」と思われるでしょう。

不貞行為というのは、基本的に性行為や肉体関係を意味しますので、異性と手をつないで歩いている=肉体関係まである、と断定することはさすがにできません。

たとえば、東京地判平成20年10月2日は、仮に、妻が主張するように、夫が女性と手をつないでいたとしても、そのことから当然に不貞関係の存在が推認されるものではない、と判示しています。

配偶者が異性と手をつないでいたという一事をもって戦おうとしても、とても勝てません。

しかし、異性と手をつないで歩いているというのは、不貞行為を推認させる一事情にはなりえます。

そのため、配偶者が異性と手をつないで歩いているのを目撃してしまったら、すぐに離婚や慰謝料の話を切り出すのではなく、まずは不倫関係に及んでいないか調査すべきです。

不倫を疑ったらまずは証拠をきちんと集めることが重要です

異性と手をつないで歩く行為は不倫を想起させる

このように、異性と手をつないで歩いていても、それだけで不貞行為とはなりません。

しかしながら、もしも、その姿を配偶者もしくは配偶者の知人が見てしまったらどう思うでしょう。

不倫を疑うのは当然ではないでしょうか。

このような行為だけでも、夫婦の絆にひびが入ることは十分にありえますので、自分が軽々にそのような行為をしないように注意すべきです。

その他のコラム

夫もしくは妻が犯罪を犯したら離婚できるか

どういった場合に離婚ができるのか まずは簡単にどういった場合に離婚ができるのかについて解説します。 離婚の方法には大きく分けて2種類あり、一つは協議離婚というものがあります。 協議離婚であれば、離婚原因は問いません。 ...

続きを見る

結婚は契約?

婚姻をするということは法律効果が発生する 結婚というと、幸せなイメージを持つ方が大半でしょう。 愛し合う男女(最近は同性間のパートナーという考えも十分にあり得ますが)が結婚するのは当然だと考える方が非常に多いのではないでしょうか...

続きを見る

人工授精は不貞行為になるか

肉体関係を伴わない不倫 浮気や不倫と言うと、一般的には肉体関係を意味することでしょう。 では、肉体関係を持たずに不倫をすることは可能なのか。 精子を子宮内に注入するなどの人工授精という方法を用いれば可能でしょう。 人工授精を...

続きを見る

メールのやりとりだけで不倫(不貞行為)になるか

メールだけで不倫になる? どこから不倫というかについて明確な線引きはありません。 たとえば肉体関係を伴わない限りは不倫ではないと言う人もいるでしょうし、他の異性と親しく会話をしただけで不倫だという人もいるでしょう。 こ...

続きを見る

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を