離婚事例紹介 | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
離婚事例紹介画像

離婚事例紹介

夫の服役中に不倫をした妻からの離婚請求が認められた例

裁判例の紹介

今回紹介するのは、名古屋高判昭和51年6月29日(判例タイムズ344号233頁)の事例です。

事案の概要

簡単に説明すると、以下のような経過です。

昭和33年4月 結婚。その後、二児をもうける

昭和41年8月 夫が自動車窃盗で逮捕、実刑判決を受けて刑務所で服役することになる(昭和43年の終わり頃まで服役予定)

昭和43年5月 妻は二人の子を抱えて経済的に困窮し、飲食店で勤めていたのがきっかけとなり、暴力団関係者と思われる男性と不倫関係になる

昭和43年10月 夫が仮釈放。その後、妻は夫に居所を知られないように実家や知人の家を転々として生活するようになる

昭和45年12月 夫が「精神障害者強制保護理法書」と題した公文書まがいの書面を作成し、妻を強制的に入院させようとする

昭和46年 妻が離婚訴訟を提起

裁判所の判断

このようなケースでよく考えられるのは、夫が実刑を受けた段階で、もはや婚姻関係は破綻しているというものですが、今回の裁判所もそのような認定をしました。

すこし特殊なのは、もはや婚姻関係が破綻しているのだから、その後の不倫は問題にならないとまではされず、妻の不貞行為は、一応は自分のほうが離婚を求める資格を失わしめるという認定をしたところです(もっとも、その後の夫の公文書偽造まがいの行為などは、妻の有責性をかなり上回る高度の有責性を帯びているので、結局は、妻に離婚請求権を認めざるを得ないとしています)。

おそらく、裁判所としては、夫の服役によって婚姻関係に大きなヒビが入ったものの、完全に破綻とまではいかなかった、と考えたのでしょう。

配偶者が服役して離婚をしたいと希望するのであれば、まずは離婚請求を

夫もしくは妻が実刑判決を受けて服役することになった場合、多くのケースでは「もう離婚したい」と思うようになるでしょう。

その場合には、まずはきちんと離婚を求めるべきです。

紹介した事例では、離婚をする前に不倫関係に至ったという事情があり、これをやると、夫側も恨みを募らせろくなことになりません。

夫婦の一方が服役中でも離婚はできます(協議離婚であれば離婚届を差し入れて、署名をしてもらえば良いです。協議離婚が難しければ裁判で離婚請求もできます)。

その他の離婚事例紹介

6年別居後の有責配偶者からの離婚請求が認められた事例

裁判例の紹介 今回紹介する裁判例は、東京地判平成15年6月12日の裁判例です。 事案の概要 まず、夫婦は昭和53年に結婚、昭和55年に長男、昭和56年に長女が産まれました。 しかしながら、夫は女性問題がある、競馬やパチンコなどのギャンブ...

デリヘルに何度も電話したが実際にデリヘルを利用したのは1回であるとして離婚を認めなかった事例

デリヘルに計8回連絡したものの、実際に利用したのは1回のみとされた 今回紹介するのは、横浜家判平成31年3月27日(ウエストロー)の事例です。 この裁判例では、主に(1)デリヘル利用が不貞行為である、(2)スマホゲーに約32万円も課金す...

仕事を理由にほとんど帰宅しない夫との離婚

裁判例の紹介 今回紹介する離婚事例は、大阪地判平成43年6月27日(判例時報535号56頁)の離婚事例です。 夫が仕事を理由に出張や外泊等で、月数回程度しか帰宅しなかったという事例になります。 夫婦には同居の義務がある 婚姻関係を持った...

【財産分与】隠し財産が見つかるパターン

 離婚の際に、夫婦の協力で得た財産を分け合う財産分与。    婚姻してから別居するまでに、例えば ① 妻の預貯金が200万円、夫の預貯金が100万円、という前提だと、 ②200万円+100万円=300万円 を2で割って、 150万円ずつ...

夫の刀剣所持を占領軍に告発した行為が重大な侮辱であるとして離婚が認められた事例

裁判例の紹介 今回紹介するのは、最判昭和27年6月27日(判例タイムズ22号44頁)です。 事案の概要 「占領軍」とあるよように、戦後間もないころの離婚のケースです。 夫婦間のいさかいが生じ、離婚を求める妻が、妹の夫とともに夫を訪ね、夫...

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を