離婚事例紹介 | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
離婚事例紹介画像

離婚事例紹介

夫による心理的虐待によって婚姻関係を継続し難い重大な事由があると認められた事例

裁判例の紹介

今回紹介する裁判例は、東京地判平成16年9月29日の裁判例です。

事案の概要は以下のとおりです。

・夫婦は平成4年に結婚、平成12年に別居をし、別居後4年が経過している

・1回程度妻は夫から暴力を受けたことがある

・夫婦喧嘩に際して、夫の言動が粗暴で、妻に対するいたわりも感じられず、夫による暴行・虐待といったダメージを受けていたことが認められ、その態様・程度は決して軽視しえない

・夫は、このような粗暴な言動は夫婦喧嘩によくみられる程度のものであったと供述しているが、自らの言動が妻に与える影響を考えない、身勝手な言い分とされた

・夫は前立腺炎を抱えており、夫婦間の性交渉がほとんどもたれなかった

このような事案で裁判所は、離婚を認めるに至りました。

DVに匹敵する場合でなくとも、婚姻関係を継続し難い重大な事由がある

この裁判例で注目に値する点として、夫が、DV(ドメスティックバイオレンス)に匹敵する場合でなければ離婚はできないと主張したのに対して、

裁判所は、DVに匹敵するような事態に至れば、婚姻関係が解消されるべきは当然であって、そのような事態に至らない場合であっても、日常生活の言動が婚姻関係の継続に必要な夫婦の信頼を破壊して修復しえないほどに至ることはありうる、としました。

夫婦喧嘩だから何を言っても許されるということはない

裁判所は、夫婦喧嘩だからこの程度は許される、というような認定はしませんでした。

むしろ、夫婦喧嘩の際の言動であれば、なおさら、婚姻関係の修復を不可能にとする程度に至る危険があることはいうまでもない、としました。

夫婦喧嘩でカッとなることはあるでしょうが、喧嘩だから何を言っても許されるということはありません。

むしろ、喧嘩をして、相手を傷つけるような粗暴な言動は、それは離婚に至る危険があるということを重々認識する必要があるでしょう。

その他の離婚事例紹介

仕事を理由にほとんど帰宅しない夫との離婚

裁判例の紹介 今回紹介する離婚事例は、大阪地判平成43年6月27日(判例時報535号56頁)の離婚事例です。 夫が仕事を理由に出張や外泊等で、月数回程度しか帰宅しなかったという事例になります。 夫婦には同居の義務がある 婚姻関係を持った...

【財産分与】隠し財産が見つかるパターン

 離婚の際に、夫婦の協力で得た財産を分け合う財産分与。    婚姻してから別居するまでに、例えば ① 妻の預貯金が200万円、夫の預貯金が100万円、という前提だと、 ②200万円+100万円=300万円 を2で割って、 150万円ずつ...

デリヘルに何度も電話したが実際にデリヘルを利用したのは1回であるとして離婚を認めなかった事例

デリヘルに計8回連絡したものの、実際に利用したのは1回のみとされた 今回紹介するのは、横浜家判平成31年3月27日(ウエストロー)の事例です。 この裁判例では、主に(1)デリヘル利用が不貞行為である、(2)スマホゲーに約32万円も課金す...

夫による心理的虐待によって婚姻関係を継続し難い重大な事由があると認められた事例

裁判例の紹介 今回紹介する裁判例は、東京地判平成16年9月29日の裁判例です。 事案の概要は以下のとおりです。 ・夫婦は平成4年に結婚、平成12年に別居をし、別居後4年が経過している ・1回程度妻は夫から暴力を受けたことがある ...

夫の服役中に不倫をした妻からの離婚請求が認められた例

裁判例の紹介 今回紹介するのは、名古屋高判昭和51年6月29日(判例タイムズ344号233頁)の事例です。 事案の概要 簡単に説明すると、以下のような経過です。 昭和33年4月 結婚。その後、二児をもうける 昭和41年8月 夫が自...

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を