離婚Q&A | 東京新宿の離婚・慰謝料請求相談

アウル東京法律事務所
離婚Q&A画像

離婚Q&A

Q

離婚をする際に養育費や慰謝料を決めませんでした、後から請求はできますか?

A

養育費、慰謝料、財産分与については、離婚をした後でも請求ができます。

ただし、期間制限があるので注意しましょう。

養育費は、原則として請求をした時からしかもらえない傾向にあります。

離婚後10年経ってから10年間分の養育費を支払え、などと請求しても過去の分はもらえない可能性が高いです。

そのため、離婚時に養育費の取り決めをしていなかった場合には早急に養育費の請求をする必要があることを忘れないでください。

次に、慰謝料には3年の時効があります。

慰謝料は実は細かく分けると、離婚の原因となった行為をしたこと(たとえば不倫やDV)に対する慰謝料と離婚に至ったことの慰謝料の2種類があります。

たとえば、5年前にDVを振るわれてケガをした、そして2年前にそのことが原因で離婚となったという場合を仮定します。

DVによるケガに対する慰謝料請求権(離婚原因となった行為そのものに対する)はその行為の時からすでに3年以上経過しているので、時効になって消えてしまいます。

しかしながら、そのことが原因で離婚にまで至ったことに対する慰謝料請求権は、離婚時からまだ3年が経過していませんので、まだ消滅していません。

最後に財産分与は離婚後2年以内に請求しなければなりません。

このほか見逃しがちなのが離婚時年金分割の請求ですが、こちらも2年の期間制限があるので注意してください。

その他の離婚Q&A

Q

無料相談の時間は何分間までですか

A
アウル東京法律事務所では、初回相談は無料となっております。 相談時間はおおむね60分程度となっておりますが、60分はあくまでも相談時間の目安です。 60分を超えたらそこからは有料相談とはなりません。   ...
続きを見る
Q

一度決めてしまった養育費の金額はもう変更できませんか?

A
事情によっては可能です。 養育費を支払い続ける期間は長いです。 生まれたばかりの子どもがいるのであれば、今後約20年もの間、養育費を支払い続けなければなりません(もしくは受領し続けます)。 人生には様々な出来事がありま...
続きを見る
Q

弁護士に依頼するメリットはなんですか?

A
離婚の場面ではより良い条件で離婚をできるよう、慰謝料の場面では法律に基づいた正当な慰謝料がもらえるよう(請求を受けている側では正当な慰謝料にとどめる)サポートできます。 弁護士に依頼せずに離婚?もちろんできます 弁護士に依頼をしない...
続きを見る
Q

婚姻費用の相場を教えてください

A
婚姻費用は、夫婦双方の収入、子どもがいるかどうか、子どもがいるとして何歳の子どもが何人かということによって決まってきます。 具体的な婚姻費用の金額については、裁判所のホームページにある婚姻費用算定表をご覧ください。 &nbs...
続きを見る

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を

親権・慰謝料請求・財産分与など一人で悩まず、まずはご相談を